はじまりはクローゼットの中。

  小さな小さなアトリエから生まれた

    楽曲製作の舞台裏を覗いてください。

染まれ

ハワイから帰る飛行機の中、私は座席から眼下に広がる世界を見渡していた。

真っ白の雲一面の世界。鳥たちは、どうやって、信号も道もない、この世界を渡ることができるんだろう??

そんなことを考えながら、音楽に対する心の迷いを描いています。

帰り道。下町の夜道をスーパーの袋をぶら下げながら、ふと気づくと、人が二人も通ればきついような、小さく細い路地裏。

そんなところでも、月は平等に照らしてくれる。

誰も見捨てられはしないのだ。

 

恋時雨

一人の尊敬していたアーティストが、表舞台を去った。一世を風靡したはずのビッグ・アーティスト。

もう、彼のような人は、音楽界には現れないだろう。

咲き誇る花が、ひらりひらりと、雨に打たれて散りはてていく様を描きました。

 

たからもの

うちのおばあちゃん。本当に変わった人でした。難しい人でした。

でも、おばあちゃんと過ごした時間は、「お金じゃ買えない宝物」。

 

パレットの向こう

人は一人じゃ生きられない。誰かと出会い、成長しながら生きていくもの。

一人になりたい時だってあるけど、やっぱり誰かと一緒にいたい。

 

けんかして泣いておこられて

あなたには、兄弟・姉妹はいますか?

一緒に育った大事な人。離れていても、ずっと心はそばにいる。

 

待ちぼうけ

甘えたな自分を突き放してくれた人。挫折を味わうのは必要なことなのかもしれません。

その経験が、一歩を踏み出す力に変えていくはずだから。

 

ひまわり

出逢いって不思議。たった一瞬でビビッときたと思ったら、一生の友達になってしまう。

磁石みたいに惹き合えるから、また明日も、その次の日も、会いたくなる。

 

願い

人は誰かを愛するために生まれてきたのだと思います。男女の恋愛って、難しい。

でも真剣に愛した人は、結末がどうであっても、いつまでも自分にとって唯一無二の存在。

幸せを願ってやまないのです。

 

フリージア

紫のフリージアの花言葉は「憧れ」。

皆さんには、憧れの人はいますか?

真冬に健気に咲く小さな花に見立てて、その人を描いてみました。

 

それは、想いの灯。

大切な誰かを想う気持ちを、届けてほしい…

そんな「蛍に託す恋心」を描いてみました。

涼やかに、幻想的に。

 

幻想~イリュージョン~

父親の腕の中に抱かれているようなイメージを描きました。

そこは、無条件に温かく、優しい場所。

お正月に実家に帰省した際に浮かんだ曲です。

Back Number